子供の成長に欠かせないもの

親の愛情
Pocket

子供の成長に欠かせないもの。

私はそれが「愛情」だと思っています。

何故ならば、子供は「知らない」事が当たり前だからです。私大人も昔は親から「これはこうだよ」と一つずつ習って育ったはずです。つまり、親が導くままに情報をインプットしていくわけですよね。

私自身も胸を張れるような生活を送ってきたわけではありません。しかし、親になって健康への考え方が変わりました。そして、色々と改めて勉強するようになったのです。そんな中で我々親世代が育った昔と現代に大きな違いがある事を知り、愕然としました。

つまり、昔の知識は参考になるけど、そのまま通用しなくなっていたんですね。

 

子供の成長を左右する親の「愛情」とは何か?

親の愛情

ここでもう一度考えてみます。

子供の成長に欠かせないもの。

三大要素の「栄養」、「運動」、「睡眠」でしょうか。

最も重要なのは、親の「愛情」だと確信しています。

事実、子供は親からの愛情不足に対し、非常にストレスを抱え込みやすいという調査結果がありますね。

そして、私はその「愛情」という広い意味の言葉を、「伝える事」と定義しています。

これは押し付けるとか、そう言った類のものではありません。あくまで今後人生を生きていくのに必要だと思う事を伝えてあげるんです。それを将来どう解釈し、どう発展させ、どうその時々の時代にマッチさせていくかは子供次第です。

特に身体的な悩みは大人になってもコンプレックスが続きます。しかし、成長期はやり直しがききません。今は問題が表面化していませんが、きっと近い将来、子供が親になる頃にはもう少し高い温度感で食生活が見直されているだろうと見ています。

私の身近でも、特に「身長を伸ばしたい」という親御さんが非常に多いです。私も両親の身長が低い事を気にしましたが、結果両親を10cm以上上回る結果となりました。まあ、食生活の変化に伴って、ここ数十年で日本人の平均身長が10cm近く高くなっているようですので、理由は定かではありませんが。

確かに男子なら背が高い方が何かと有利です。そして、今は女子もファッション的要素から服装が限定されない程度の身長は欲しいというのが本音でしょう。当の本人からすると、もう「女子は小さい方が可愛くてモテるなんて」時代ではないんですよね。

我々親世代が生きた「昔」と子供が生きる「現代」と何が変わったのか?

畑の土

シンプルに結論を述べますと、「空気」、「水」、「食べもの」です。

つまり、生きていくのに必須であるこれらの質が大きく低下しているという事です。

  • 空気は汚れ、吸っている空気すら注意が必要。
  • 水質は悪化し、水を買うのが当たり前の時代。
  • 食べものは添加物が多く、子供のアレルギーが増えている。

後発的なものは、時を経て何先天性となり姿を表すと私は考えています。私自身、我々がこの人生を通り抜ける間ですら不安な時代。それが子供やその子供の世代にとってはどうなるのだろう。こうした不安をどこかで感じています。そうした頭の片隅にあった懸念が子を持つことにより、先送りに出来ない問題に見えてきました。

つまり、自分の身を守る為に正しい知識を持ち、具体的な対処をしなければいけない時代になったという事です。

自然界にあるものが劣化していく事。それは人間存続の危機とも言えます。空気や水の質が下がる。人工的な添加物が増える。当然私たちが口にする食物も質が低下します。

例えば野菜。野菜の質は土に大きく左右されます。土の質が下がれば野菜の栄養価もグンと下がります。私たち親の親世代が口にしていた野菜と私たちが今口にしている野菜では栄養素が何倍も違うとされています。

この事実を知った時に、確かに昔の野菜はもっと癖が強く、味が濃かったと思いました。今は個性を失ったせいか、実は昔ほど野菜嫌いって多くないんですよね。そして、昔と同じ栄養を摂取しようとすると、当然1日に食べきれない量になったりするもんですから、凝縮した補助食品、サプリが流行るのも納得出来ます。

私たち親が子供に伝えていくべき事とは?

親子の絆

私たち親が子供に正しい情報を伝えていく事が重要だと思います。そうなると、まずは我々親が学び、正しい情報を得る必要がありますね。この点を痛感したのもこのサイトを開設した動機となります。

生まれて3才を迎えるまでの身体の基盤が出来ます。そして成長期に入る手前にどう言う食生活をしていたかで、成長期の伸び代に差が出てきます。

栄養不足でも成長不足、添加物過多なおやつ、ゲーム依存での運動不足、睡眠不足による集中力欠如、愛情不足によるストレスからくるイライラ。

これが今の子の時代だからと割り切らず、こうした状態に陥らぬよう親として信念を持って本気で物事の本質を伝えていきましょう。

 

今後も私が知り得た情報は、このサイトでシェアしていきたいと思います。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桶

子供の健康はドベネックの桶の理論で理解しよう!