子供の身長を伸ばす方法 | 成長ホルモンの分泌が鍵!

寝る子は育つ

親なら子供の成長を気遣うのは当然です。

しかし、より効果的に成長を促してあげるにはどうすればいいんでしょうか。栄養と運動と睡眠のバランスとはいうけど、賢くコントロールするにはどうすればいいんでしょうか。その答えは「成長ホルモンの分泌」にあります。

成長ホルモンというのは端的に言うと、体を修復してくれる重要な物質です。しかし子供にとっては修復と成長促進を担っているホルモンです。

つまり、効率よく成長ホルモンの分泌を促してあげる方法こそが効果的な成長促進となるでしょう。その中でも身長伸ばす方法として欠かせないのが、成長ホルモンが活性化する条件を正しく理解する事なんです。

寝る子は育つ!?ノンレム睡眠と成長ホルモンの関係性とは?

昔から言われますよね。

「寝る子は育つ」

実はこれも科学的根拠が証明されているらしいです。

成長ホルモン

成長ホルモンは眠りについてから2時間後までが勝負です。この間に成長ホルモンが最も分泌されると言われています。では、このピークタイムを妨げないように注意する事は何でしょうか。

  1. 遅くとも就寝2時間前には食事を済ましておく
  2. 寝る直前までゲームやスマホをいじらないようにする
  3. 日中に長い時間昼寝はさせない事
  4. 就寝1時間前に入浴するように心がける
  5. 親も規則正しく早寝早起きを実践する

以前「子供の身長を伸ばす方法 | プレゴールデンエイジを見逃してはいけない!」でもお伝えしましたが、子供も昔と違ってゲームにスマホ。動画でアニメ視聴と生活習慣が乱れる要素に囲まれています。また、親の生活習慣に影響を受けてしまう点は見逃せません。

子供の成長は限られた時期が非常に重要です。

つまり、身長が伸びる時期は概ね決まっているという事です。

乳幼児期、つまり出生から小学校に入学するまでの間。そして第二性徴期と言われる期間。(男の子で12〜14才、女の子で10〜14才からの5年間です。)この時期は身長を伸ばす上で最も重要な時期となります。

大人に合わせた生活サイクルに巻き込む事だけはさけたいところです。子供だけ早寝早起きさせるというのが現実的に困難ではないでしょうか。子供の大切な成長期には出来るだけ子供中心の生活サイクルにしてあげる事が重要になります。

良質な睡眠を取る方法とは?

ノンレム睡眠

ここまでで「成長ホルモン」が子供の成長に重要な事、その為には良質な睡眠を取る必要がある事はご理解いただけたかと思います。では、良質な睡眠を取るにはどうすれば良いのでしょうか。先に述べた重要点をさらに掘り下げてお話していきたいと思います。

寝る前の食事がいけない理由

胃の中に食べたものが残っている。これはつまり身体は消化する為に働いているので、代謝の稼働率が下がるわけです。消化酵素と代謝酵素のバランスですね。身体の修復、成長に専念できるようにするには、消化の作業は起きている内に済ませる必要があります。

寝る前の入浴が効果的な理由

人は眠る際に体温が下がります。逆に言うと体温が下がると眠くなります。入浴は身体の放熱を手助けしてくれますから、自然と体温が下がり、ぐっすり眠れるわけですね。お風呂に入ってから食事を取り、ゲームをしてから寝る。このサイクルは良質な睡眠を妨げる要素になるというわけです。

理想的な睡眠時間とは

先に述べた通り、眠りについて2時間後までが最も深い眠りとなり、成長ホルモンのゴールデンタイムとお伝えしました。よく睡眠のゴールデンタイムは22時から2時が睡眠のゴールデンタイムと言われますが、これは根拠が薄いようですね。ただし、22時に寝る習慣が定着していれば、自ずと規則正しい早寝早起きとなるでしょうから、結果的に健康的なサイクルと言えます。では、トータルで何時間寝るのが理想なんでしょうか。

これは小中学生で9時間、高校生でも8時間が理想とされています。何だか実際と1〜2時間ギャップがありませんか?思ったより理想とされる睡眠時間は長いんですよね。

「寝る子は育つ」と正しく向き合う事で、子供の成長の可能性を最大化してあげる事が出来ると私は考えています。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供の身長伸び率グラフ

子供の身長を伸ばす方法 | 見逃してはならない、勝負は成長期(第二次性徴期)にあ...

卵黄

子供の身長を伸ばす方法 | 救世主「ボーンペップ」とは?

ゴールデンエイジ

子供の身長を伸ばす方法 | プレゴールデンエイジを見逃してはいけない!