子供の身長を伸ばす方法 | プレゴールデンエイジを見逃してはいけない!

ゴールデンエイジ

子供の身長を伸ばす方法とは切っても切り離せないのが「プレゴールデンエイジ」における栄養、運動、睡眠なんです。

今回は「どのように」の前に考えるべき「どの時期に」を中心に話していきます。

プレゴールデンエイジは5〜8才頃を指すのですが、この期間に脳や体の様々な神経が発達すると言われています。ほとんどの方は体の基礎がつくられる「ゴールデンエイジ」、つまり9〜12才頃にフォーカスしますが、ゴールデンエイジを迎える前である、このプレゴールデンエイジが非常に重要です。

確かに身長を伸ばすという点では「ゴールデンエイジ」が最も重要になってきます。ただし、その前にどう言った基礎づくりが出来ているかで、ゴールデンエイジの成長率、つまり身長を伸びる可能性の幅が変わってくるというわけです。

しかし、このプレゴールデンエイジの子供は好奇心がとっても旺盛です。栄養、運動、睡眠と言葉で聞くと簡単に思えるのですが、何せ相手は子供です。飽きっぽく、嫌な事は避けようとします。だからこそ我々親が話も工夫が必要なわけですね。

現代の子供が陥るインドア対策

テレビゲーム

現代っ子は家の中で遊ぶのが大好きです。テレビアニメ、テレビゲーム。時代が変わり家の中に子供の楽しみが急激に増えました。これは時代の流れでどうしようもない事実です。これがインドア派を増やす最大の敵なんですよね。つまり、インドア対策は子供の成長の最初の一歩なんです。

しかし大切な子供の成長期は刻一刻と進んでいきます。今は遺伝子だけが全てを決めるわけではないと言われるほど科学も進歩している時代です。後から「あの時こうしていれば」と言ってももう遅いわけですね。

だからこそ我々親も子供の好奇心をうまく刺激して誘導してあげる必要があります。

子供に与える親の影響はとても大きい

親子

私たちが思っている以上に子供は親を見ています。そして親の言った事が子供たちの辞書に記録されていきます。つまり私たちがどう接して、何を話すかというのが子供の思考のベースになるという事です。

ただ、子供は親に強制されるのが大嫌いです。期限を悪くしてみたり、泣いてみたりと、何とかして抵抗しようとします。私たち親はこのメカニズムを理解し先回りする必要があるんですね。

ポイントは、私たちがどうしたいかではなく、子供は何に興味を持っているかなんです。例えば好きなアニメのキャラクター。子供は憧れを抱いている事でしょう。そんな憧れの対象のようになりたかったら、これを食べないとなれないよ。外で遊んで運動しないとなれないらしいよ。

こんな風に子供が自ら動機を持てるような誘導をしてあげると子供も聞く耳を持つわけですね。忙しい日々に追われているとつい叱りがちになるのですが、それでは逆効果という事ですね。しかし、こうした日々のやり取りの積み重ねが子供の将来を決めると考えると意識を変えざるを得ませんよね。

子供の「好き」を生かして手軽に栄養を摂取する方法

好き嫌い

子供は好き嫌いが多いですよね。

身長を伸ばす為には運動も重要ですが必須栄養素を規則正しく摂取する事はもっと重要です。ただし、無理やりだとこれまた続かないんですよね。。。

子供が絶対「好き!」と答えるもの。

それは「お菓子」です。

お菓子と言っても添加物だらけのお菓子をあげていては体に良くありません。そこで活躍するのがお菓子感覚で摂取できる「子供用サプリ」です。今はドリンク型やタブレット型など嗜好性の高い子供用サプリが沢山あります。おやつ感覚で始められるので続けるのが簡単なんですよね。

必須栄養素を踏まえた献立って意外に大変ですよね。

どうしても「沢山食べなさい」って量に走ってしまいがちです。我々大人もそうですが、継続して一定の必須栄養素を摂取するには非常に便利なサプリ。特にプレゴールデンエイジ、ゴールデンエイジには心強い救世主となるのではないでしょうか。

寝る子は育つ

最後に睡眠ですが、目一杯遊んでいる子供はすぐ寝てくれて、よく寝てくれますね。

つまり、インドア対策が上手くいっている場合はそう悩む必要はありません。しかし、ここでもインドア派に誘導するテレビゲームがネックになります。ゲームに熱中している子供はそれを中断して寝るというのが苦痛です。放ったらかしておく気が付けば遅い時間という事も少なくありません。

運動を同様に子供の興味の対象を絡めて話してあげるのもいいですが、ここでは一つ重要な点があります。

それは、親も早く寝る事なんです。

子供は早く寝なさい。大人は?という事です。もちろん仕事の事情や様々な障壁もあるかと思います。でも大人が夜更かししていると子供は安心して眠れないんですよね。

だからこそ親も規則正しい生活を心がけて、できる限り早寝に消灯し、早起き生活が一番理想です。私は仕事から帰宅したら、必要最低限の事を済ませてすぐに寝るようにしています。そして朝早く起きて、家を出るまでの時間をゆっくりと過ごします。仕事から帰ってから家族の時間を持つより、朝にそれを持ってきた方が有意義ですし、子供にとっても良いです。

頭では分かっていても、現実は意外とそうなっていない事が多いと思います。それは意識的に今の生活を見直していないからではないかと私は考えています。

よく食べて、よく遊んで、よく寝る子は育ちます。

少なくとも子供の身長を伸ばすには欠かせないポイントです。ただ、その可能性は日々のこうした積み重ねと比例すると思っています。

ぜひ試してみて下さい。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供の身長伸び率グラフ

子供の身長を伸ばす方法 | 見逃してはならない、勝負は成長期(第二次性徴期)にあ...

卵黄

子供の身長を伸ばす方法 | 救世主「ボーンペップ」とは?

寝る子は育つ

子供の身長を伸ばす方法 | 成長ホルモンの分泌が鍵!